尿酸値を下げるにはを考える

日頃の不摂生が祟ったのか、というより確実に祟り、
尿酸値が健診で再検査が必要な結果になってしまいました。

再検査くらいで気にしないという方もいると思います。
ですが、心配性の私は尿酸値が高くなるとどうなるのかを調べ、不安になってしまいました。

追記


その後、再検査を受けました。正直に言うと生活習慣も改善できてませんでした。
しかし、見事に数値が下がっていました。

再検査を言い渡された7.5mg/dLから、再検査で6.1mg/dLの基準値になりました。

私の尿酸値が下がった秘密は間違いなくサプリです。口コミでは多くの方が改善しているようです。

私が飲んでいるのは尿酸ケアプラスです!

そもそも尿酸値とは

プリン体が多いビール
尿酸の話にはプリン体が必ずでてきます。
セットのような印象を受けるのは、以下の関係があるためです。

尿酸は、食事や細胞に含まれている「プリン体」から作られる物質です。
「プリン体」が肝臓で分解され「尿酸」という老廃物になり、
主に腎臓から排出され、腸管からも排出されます。

この尿酸が血液中に溜まりすぎると、尿酸値が上がることになります。

尿酸値が高い状態になると、血液に結晶ができ始め、結果的に様々な症状の原因になってしまいます。

尿酸値が高いと以下のようなリスクを伴います。

  • 痛風
  • 慢性腎臓病
  • 心血管疾患

尿酸値が高くなる原因

尿酸値を下げるには、尿酸値が高くなった原因を最初に知っておく必要があります。
尿酸値の上昇は、尿酸の量と排出のバランスが崩れた状態です。

少数ながら尿酸値が低くなるタイプもあるようです。
高くなる原因は、生産過剰型と排泄低下型の2タイプに分けられます。

生産過剰型

アルコールの摂取や肉類などの高プリン食の摂取、糖分の摂取などが原因のタイプです。

排泄低下型

こちらもアルコールが原因になったり、糖尿病インスリンが効きにくくなったりが原因です。

遺伝的な要素の可能性もありますが、多くは生活習慣によるものです。

尿酸値を下げるには

尿酸値を下げるには、主に生活習慣の改善が必要になります。

食事に気をつける

尿酸値を下げるためにももちろんですが、
健康のためにも食事には気をつける必要があります。
特に肥満気味の場合、肥満も解消するように努力が必要です。

食べ過ぎはもちろんNGです。
尿酸に直結するプリン体を多く含んている食品を取りすぎないようにしなければならないです。

プリン体を多く含んている食品
    • 干し椎茸
    • 乾燥大豆
    • 納豆
    • レバー
    • ヒレ肉
    • 手羽
    • ササミ
    • サラミ
    • カツオ
    • イワシ
    • 明太子
    • オキアミ
    • エビ
    • カツオブシ
    • 白子

などなど

私も含めお酒が好きな人は辛いですが、
プリン体が少ない酒でもプリン体を増やしてしまいます。
そこそこにしないといけません。できれば断酒が適切です。

運動をする

肥満の解消にもつながりますが、運動は効果的です。
ただし激しい運動は尿酸値の上昇につながりますので、軽めの運動を行う必要があります。

軽い運動として私はウォーキングを毎朝行うようにしています。

とはいえ尿酸値への不安は拭えない

お酒はどうしてもやめられない、できるだけ飲まないようにはしていますが。
わかっていても、現実的に食事もそこまで気を使う事ができません。

そもそも栄養士さんみたいな知識はないし、
できてもバランスの良い食事を摂ろうと気にしている位です。

サプリに頼ることにしました

私が飲み始めたサプリは、ドクターズチョイスの尿酸ケアプラスです。

尿酸値を下げる14種類の成分が配合されていますが、
特に惹かれたのが、以下の成分が配合されているところ。

  • 結石を砕くチャンカ・ピエドラ
  • 痛風の炎症を抑えるセロリ種子
  • 尿酸値を下げるタルトチェリー

アメリカ製のサプリを選んだ理由は、私の友人に健康マニアがいて「日本製のサプリは成分の配合量が少ない」
という話を以前から聞いていたからです。

実際に自分で調べてもそうで、多分コスト面だけを重視した作り方をしていると思います。
そうでなければ、お菓子みたいな値段のサプリなんて存在しないですから。

アメリカは医療費が高額なので、病院へは行かずサプリを使うことが多く、
本当に効果のあるサプリを真剣に作らないと売れないそうです。

尿酸ケアプラスの説明を見れば安心して生活できます。
しかし、サプリだけを盲信せず生活習慣の改善や運動をサボらないようにしています。

サプリもしばらく続けてから再検査を受けてみるつもりです。

© 2021 尿酸値を下げるにはどうしたらいいのか