カンジタについて

カンジタは広く性病として知られていますが、デリケートな部分であったり、ほかの人に見せたくないということから、何かとほうって置かれてしまいがちな病気です。

医師にしてみれば見慣れているかもしれませんが、患者にしてみれば恥ずかしさなどからなかなか受診しようという決心はつきづらいものです。しかもカンジタにかかったことがないという人は、その症状がカンジタということに気がつきません。

インターネットなどを通じてはじめてカンジタとわかる人のほうが多いですし、妊婦検診などで指摘されてはじめて知る人もいます。

カンジタは真菌によって引き起こされる性感染症で、主に女性に多く見られます。

ただカンジタ自体はもともといるものであり、体力が落ちたり、免疫力が落ちたりすることで症状を発症します。また性器以外にも、消化管などの粘膜にいますし、味噌やワインを発酵するときにもかかわってきます。

症状はひどいかゆみが出る、ドロッとした白い織物が出る、炎症を起こすといったことがあります。

しかしカンジタは治せる病気です。

カンジタかなと思ったら、まずは病院を受診し、しっかり治療することが重要です。

また男性でも絶対にかからないということではありませんので、注意しましょう。


スワップ金利