カンジタの治療

カンジタの治療方法は主に3つの方法があります。 1つ目は膣坐薬です。1週間くらい効果があるものか、毎日膣内に挿入するものかどちらかを処方されます。 2つ目は抗真菌薬軟膏を塗ることです。イソコナゾールや塩酸テルビナフィン、トルナタートなどが医師から処方されますが、民間療法薬としてアロエベラやワセリン、ヨウ素などもあります。 3つ目は膣洗浄です。発症した際、膣の中に増殖しているカンジタ菌を洗浄し、症状を抑えます。 ただし、日ごろから洗浄し続けてしまうと善玉菌も洗浄してしまいますので、ほかの感染症を引き起こす可能性もあります。 カンジタの再発を予防するためには、生活習慣を規則正しいものにする必要があります。抵抗力を高め、免疫力を高める生活を心がけましょう。 また治療方法として、ビタミン剤を飲むと同時に軟膏やクリームを塗ることもあります。 栄養のバランスが崩れれば、それだけでカンジタ菌が繁殖することもありますので、食生活の改善もしていくようにしましょう。 なお、膣カンジタの再発治療薬としては、フレディCCやメディリートがよく知られています。ですがカンジタは自己判断せずに、症状がある場合は医師の診断をあおぎ、薬を処方してもらうようにしましょう。

スワップ金利