皮膚カンジタとは何か

皮膚カンジタは赤ちゃんに多い病気です。皮膚カンジタは皮膚にカンジタ菌が感染することで炎症を起こします。カンジタ菌は錠剤菌であり、赤ちゃんの粘膜などにもいます。

赤ちゃんと大人の違いといえばオムツですが、オムツの中が蒸れてしまうと、皮膚が傷つき、そこからカンジタ菌による炎症が起こります。また下痢も原因のひとつとなります。

最初のころは赤い発疹くらいですが、症状が進むと赤い部分と正常な部分の差がはっきりとわかるようになります。一見オムツかぶれのように思われますが、皮膚カンジタの場合はくびれ、しわの中にも広がります。

自宅で皮膚カンジタを防ぐためには、こまめにオムツを取り替え、清潔にし、観想しないようにしましょう。入浴するときは石鹸でしっかり洗います。

注意点はステロイド剤です。ステロイド剤を使用するとカンジタ菌の繁殖につながりますので、自己判断しないようにしましょう。

赤ちゃんや子供の皮膚を見たときに、普段と様子が違うなと思ったら、すぐに小児科や皮膚科を受診してください。赤ちゃんの病気は何よりも、医師の診断が必要です。

また皮膚カンジタにかかるのは赤ちゃんだけではなく、手カンジタや爪カンジタなど、大人でもかかる病気があります。

親もしっかり予防していきましょう。


スワップ金利